コンビニライフを便利に楽しく

BLOG

ラズベガスで一番有名なホテル、ベラッジオに試しに泊まってみた!

投稿日:2019年9月22日 更新日:

実は結構ギャンブラー、
CONVENIENCE編集部のフワモリです。

さぁ、今回はですね、
ラズベガスのホテルについて
書いていきたいと思います!

先日、実際に行ってきたのですが、
ラスベガスは本当に映画の世界!

きらびやかな街に
エンターテイメント性あふれる
ホテルがたくさんあります。

せっかくなので、少しご紹介。

NEW YORKの摩天楼を模したホテル、
「NEW YORK NEW YORK」

エッフェル塔のインパクトがすごい、
パリをモチーフにしたホテル、
「Paris」

噴火ショーが楽しめるホテル、
「ミラージュ」

その他にも、ピラミッドを模したホテルや
高いタワー型のホテルなど、
おもしろいホテルがたくさんあります。

そんな中、
ラスベガスなんて
そうめったにこれるもんじゃないので、
一番有名なホテルに試しに泊まってみました。

それが、こちら。
「ベラッジオ」

いや~、本当有名どころですみません。
というくらいラスベガスといえば、
っていうホテルですよね。

そうそう!噴水がきれいなところです。

映画、「オーシャンズ11」で
ミッションを終えた仲間たちがこの噴水を
眺めているシーンがとても印象的ですよね。

きっと、この写真に写っている人も
「オーシャンズ11」ごっこをしているに
違いありません(笑)。

映画や本でよく見るのは、
この荘厳な外観だけですので、
今日はお泊り客として、
中に潜入してみたいと思います。

さぁ、まずはホテルの玄関。
厳格かつゴージャスなライオン?がお出迎え。

ロビーへ。

かなり豪華なロビーです。
なんすか、この天井。

この天井だけで2億円らしいです。

ちょっとはがして、
持って帰りてー!!

と心の中で思うも、、

「2億か。まっ、そんくらいだよね!」
「いや~、いい感じだよね!」

という顔で無駄に紳士ぶります(笑)。

チェックインを済ませたら、
エレベーターへ。

と思ったのですが、
エレベーターに行くまでの道が
もう高級ショッピング街。

セレブはこのエレベーターに向かうまでの道で、
ティファニーとか買ってしまうのでしょうか。。
ごいすーです。

エレベーターも金ピカ!

廊下も豪華~。

はい!気になるお部屋はこんな感じ!
グレードは下から二番目か三番目くらい!

程よく広くていい感じです。
記事を書くためのデスクもあります!

クーラーもありまっせ!
お金に余裕のある方はシャンパンでも
いれちゃってください。
自分はもちろんノータッチです(笑)。

お水とつまみコーナーもめっちゃ豪華。
有料でした。

部屋は総じていい感じ。
すると次に気になるのが景色ですよね。

カーテンをあけるみると、
いやー、めっちゃいいビューです。

これぞ、ラズベガス!
向かいにあるParisを
しっかりその目にいれることができます。

部屋から噴水ショーが見れちゃうんですよ。
これは特権です。

ここで、ひとつ、
おもしろいことに気づきました。

それが、部屋に飾ってある写真。

たくさんの写真が飾ってあるのですが、
なぜか、自然の接写なんですよね。(笑)

窓の横には、タンポポ。

デスクの上には謎の花びら。

ベッドの横には飴細工みたいな花。

お風呂にはなんかイボイボした花びら?

と、つぼ。

引きで見るとこんな感じ。

なんか、アーティスティックかつ独特な
飾りたちが個人的にはおもしろかったです。

 

ということで、いかがだったでしょうか。

これからラズベガスに行かれる方がいたら、
ぜひ、泊まってみるいいのではないでしょうか。

たしかに安くはない一晩ですが、
思い出に残る一晩になるはずです。

最後は、夜だけじゃない、
明るいうちもいい感じのラスベガスと
空から見た眠らぬラズベガスの写真をいくつか。

【CONVENIEICE編集部BLOGとは?】
編集部BLOGでは、編集部の日常や
CONVENIENCE(便利な!?)情報を
お届けしています!

本日はCONVENIENCEに来てくれて
ありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。

スポンサーリンク

ほかのコンビニサイトは、 こちらからご覧になれます。
にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

  • この記事を書いた人

フワモリ

CONVENIENCE編集部 編集長。 CONVENIENCEのメディアディレクションやライティングを担当。 気になったモノ・コトに対しては、のめり込むタイプ。 ここ最近は自転車にはまり、2時間かけて舞浜のテーマパークへ行くほど。 ちなみに入園はせず、カフェで作業に明け暮れる。

-BLOG

Copyright© CONVENIENCE-コンビニエンス , 2019 All Rights Reserved.