コンビニライフを便利に楽しく

BLOG

「電車内で人が倒れた」。そんなとき、私たちができる最善で簡単な対処。

投稿日:

CONVENIENCE編集部です。

先日、電車に乗っていたとき、
人が倒れる現場に遭遇しました。
しかも、自分の近くにいる方が。

そのとき自分は、
咄嗟(とっさ)のことで、
何も行動できず、
ただ見ているだけ。
全く頭が回りませんでした。

幸いにも、近くにいた方が対処し、
何事もなかったのですが、
そのときもし、
自分が対処法を知っていたら、
もっと動けたんじゃないかって
思ったんです。

そういうときって感じる必要がないのに、
罪悪感とかを感じてしまいますよね・・・。

なので今回は、
そんな場面に遭遇したとき、
私たちが行うべき行動を
調べてみました!

きっと、知っておいて
損はないと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

まず、肩を叩きながら声を掛け、
意識・呼吸があるか確認する。

これ、当たり前のように思えて、
結構重要なことなんです。

まず、「大丈夫ですか?」と
肩を叩きながら声を掛け、
同時に意識・呼吸の有無を確認。

意識がある場合は、
患者さんを座らせるなど休ませ、
非常ボタンを押し、
速やかに駅員さんに
状況を伝えましょう。

意識や呼吸がない場合は、
心肺蘇生の必要がありますので、
その準備に移りましょう。

意識・呼吸がない場合の心肺蘇生。

心肺蘇生と聞くと
とても難しいように聞こえますが、
全くそんなことはありません。

まず、気道確保のため、
寝たままの患者さんの頭を
少し上向きにさせます。

そうして人工呼吸2回、
胸骨圧迫を1分間に100回のペースで
行っていきます。

胸骨圧迫は服の上からでOK。
胸の中心に手の付け根を置き、
肘をしっかり伸ばし、
少し強めに押していきます。

リズムは「アンパンマンマーチ」が
最適だそうです。

心肺蘇生をしている間は、
周りの方に協力を求めながら、
非常ボタンを押してもらいましょう。

あとは駅員さんの指示に従いながら、
次の停車駅まで
心肺蘇生を繰り返していきます。

一般人の私たちができることは
ここまでです。

非常ボタンってどこにあるの?

参照:Excite Bit コネタ 「電車内に設置されている「非常ボタン」押すとどうなるの?」

気になる方も多いと思います。
多くの場合は
各車両の連結部の近くや
車いすスペース、
ドア横などに設置されています。

しかし、鉄道会社ごとに場所は違うし、
また、ボタンの個数も違いますので
よく乗る電車では
自分で場所を確認しておいた方が
いいかもしれません。

また、ボタンを押したからといって、
すぐに電車が停車する
なんてこともありません。

これも鉄道会社ごとに
対処は違いますが、
その場で停車する場合もあれば、
最寄りの駅まで走らせる場合もあります。

あくまで、非常事態を
駅員さんに伝えるもので、
多くは、スピーカー越しから
状況を聞かれることが多いようです。

流れをまとめると・・・

ーーーーー
1、まず、肩を叩き、声を掛けながら
   意識・呼吸の確認。
2、心肺蘇生が必要な場合、
その処置を行う。
   必要ない場合は、
   休ませながら介抱する。
3、周り方の協力を得ながら、
   非常ボタンを押し、駅員さんに知らせる。
4、駅員さんの判断を仰ぎながら
   最寄りの駅で患者さんを降ろす。
ーーーーー
と、なります。

もちろん、その場その場で
臨機応変な対応が必要になりますが、
知っておくと、突然のことでも
冷静に迅速に行動できると思います!

ぜひ、覚えてみてくださいね!

CONVENIEICE編集部BLOGとは?】
編集部BLOGでは、編集部の日常や
CONVENIENCE(便利な!?)情報を
お届けしています!

本日はCONVENIENCEに来てくれて
ありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。

スポンサーリンク

ほかのコンビニサイトは、 こちらからご覧になれます。
にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

  • この記事を書いた人

かわうそ

CONVENIENCE編集部 コンテンツディレクター CONVENIENCEのコンテンツディレクションやライティングを担当。 冬場に裸で寝ようとも、一切体調を崩さない頑丈なボディを持つ。 ちなみにiPhoneは裸で持つのがポリシー。

-BLOG

Copyright© CONVENIENCE-コンビニエンス , 2019 All Rights Reserved.