TOPICS

ハードグミ、かたさ頂上決戦。1番かてーやつはどいつだ?

投稿日:

CONVENIENCE編集部です。

みなさん、グミお好きでしょうか?

グミと一口にいっても、
様々な種類があると思うのですが、
私たち編集部は、グミの中でも
もっぱらハード派。

これまで、たくさんのハードグミを
食べてきたような気がします。

そこで・・・。

編集部の独断と偏見にはなりますが、
ハードグミ界の四天王およびランキングを
固さのみの観点で勝手に
決めていきたいと思います。

NO.4
ハードだぜ!
SOURS(サワーズ)!

「サワーズかめかめ」でおなじみ、
ハードグミの代表格といったら、
サワーズ。

しっかりとした噛み応えのある
弾力でありながら、顎が痛くなるほど
ハードではない、いい塩梅を
実現したハードグミではないでしょうか。

また、噛みやすいフォルムと
濃い味も魅力的。

今回、味は評価対象外ですが、
サワーズは味がおいしいですよね。

NO.3
カンロが生んだ
ハード界の寵児!
Candemina(カンデミーナ)!

こちらの写真は、
カンデミーナの親戚クンデミーナ
なのですが、ハード加減は変わりません。

このグミ、まず「カンデミーナ」
という名前からハードです。

「ミーナ」と伸ばしているので、
どことなく、イタリアンな響きに
なっていますが、「カンデミナ」って
ことですからね。

嚙めるもんなら、噛んでみな、
という挑発的なハード野郎です。

グミ自体にいろんな形がありますが、
名前に負けない、いいハード加減。

やわらかさや弾力を残したハード
というよりも、最初からガチガチ系。

噛むことにだんだん達成感を
覚えてくる不思議なグミです。

NO.2
ハードでデカイ、
弾力モンスター!
TOUGH GUMMY(タフグミ)!

黒背景に金文字のビジュアル。
手に持った時の重量感。

ハード四天王きっての
タフネスさを誇るのが、
このタフグミです。

まず、デカイ。
ハードなのにデカイってだけで、
口の中での存在感がハンパない。

そしてタフグミの魅力といったら、
やっぱり弾力系ハードグミってこと
ではないでしょうか!

固さにもいろいろ種類がありますが、
タフグミはかなり弾力ハード。

NO.3のカンデミーナは表面から
かたいので、それとはまた違った
固さがうりです。

内容量も多く、100g。

弾力、大きさ、内容量。
すべてにおいてタフネス!

NO.1
ハード界の王というか神!
噛王(カミキング)!

ハード四天王のナンバーワンに
ふさわしいのが、噛む王と書いて、
噛王(カミキング)。

ハード界のナンバーワンを獲ることに
もはや、使命を感じます。

そして、見た目はもう王を通り越して、
神に近づいているようにさえ思います。
しかし、ハード加減はほんとに神級。

かてー。かてー。めっちゃかてー。

こちらも弾力系と書いてあるのですが、
もはや固すぎて、最初から最後まで
ずっとかてー。

一気に一袋食べるなんて、
ムリでした・・・。

さすがは王。
その名に恥じないハードさを
嚙みしめさせられました。

【まとめ】
コンビニで四天王に
出会ったら、勝負!

いかがだったでしょうか。

つぶぐみ、ゴチグミ、ハリボー系、
シゲキックス、フェットチーネ・・
などいろいろありますが、

編集部の独断と偏見で、
ハードグミをランキングしてみました。

ハードグミって、
顎を結構使うので、仕事中だったり、
ドライブ中にいいですよね。

サワーズはコンビニでの出現率が
高いですが、
カンデミーナ、タフグミ、噛王は
意外とレアキャラかもしれません。

コンビニで出会ったら、
ぜひ、己の顎でハードバトル
してみてほしいなと思います!

本日はCONVENIENCEに来てくれて
ありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。

スポンサーリンク

ほかのコンビニサイトは、 こちらからご覧になれます。
にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

-TOPICS

Copyright© CONVENIENCE-コンビニエンス , 2018 All Rights Reserved.