TOPICS

コンビニにある5つの優良「おでん」

投稿日:

揚げ物レジ周りが多いレジ周りは、太りやすい場所と言えます。

そんなレジ周りで、「おでん」コーナーは優良な食品です。

温かい状態で提供されるため食事の満足度は高く、野菜やタンパク質、炭水化物などの栄養バランスのよい食材が豊富に揃っています。

今回は、個別に「おでん」の良さを見ていきたいと思います。

大根

ごろっと提供されている太めの大根の輪切り。

大根200gあたりの食物位繊維の量は3.4gあります。

ボリュームがあるのでお腹の足しになりやすく、やすいというのも利点です。

 

卵は、脂肪分も少なく、タンパク質としてとても優れています。

タンパク質は体の中でアミノ酸に分解され、その後いろいろな形で体を構成する材料になります。

卵はこのアミノ酸のバランスがとてもよく、効率的に体の中で働きます。

つみれ

イワシやサンマなど、青魚の身をすり下ろして、塩分や小麦粉などと一緒に練って固めた「つみれ」。

不足しがちなDHAやEPAなどのn-3軽脂肪酸を摂取できます。

n-3軽脂肪酸は血液凝固を低下させ、血液をサラサラにして、中性脂肪を低下させ、認知症予防する効果もある脂肪酸です。

「こんにゃく」「糸こんにゃく」「しらたき」

不溶性の食物繊維が豊富です。

こんにゃく1枚で繊維質が2.2g。しらたき100gで繊維質2.9gあります。

カロリーが驚くほど低く、こんにゃく100gでわずか5kcalしかありません。

食べた満足感もあり、カロリーを増加させず、食物繊維を大量に摂ることができます。

同じような食材としては、こんにゃく類の他には、きのこ類や海藻類などがあります。

「豆腐」「厚揚げ」

豆腐や、豆腐を油で揚げた「厚揚げ」は良質なタンパク質ですが、さらに豆腐にも厚揚げにも、大豆イソフラボンやカルシウムなどが多く入っています。

骨粗鬆症の予防効果も期待できるため、女性にもオススメです。

その他の優良おでん

その他には、タンパク質として優秀でカロリーも低い「牛すじ」。

食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な「じゃがいも」があります。ただし、じゃがいもは炭水化物がメインのため、その分は「おにぎり」などを減らすと良いです。

まとめ

以上紹介した食材のおおよその価格の目安はこうなります。

  • 「大根」:約80円
  • 「卵」:約90円
  • 「つみれ」:約100円
  • 「こんにゃく」:約80円
  • 「じゃがいも」:約90円

合計で1食約440円です。

温かく野菜やタンパク質、炭水化物などの栄養バランスのよい食材が豊富に揃った「おでん」を普段の食事と置き換えてみてはいかがでしょうか?

でも、おでんのおつゆは塩分をとりすぎになってしまうので、あまりとりすぎないようにしましょう。

 

本日はCONVENIENCEに来てくれて
ありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。

スポンサーリンク

ほかのコンビニサイトは、 こちらからご覧になれます。
にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

-TOPICS

Copyright© CONVENIENCE-コンビニエンス , 2018 All Rights Reserved.